水道事業

浄水処理施設における多様な要望に、総合的な水処理エンジニアリングで応えます。

水道機工は創立以来、長年にわたって技術革新を進め、上水道の普及に貢献してきました。
当社の多彩な技術が、日本の安全でおいしい水を支えています。

あらゆる方式の浄水処理施設を、トータルに設計・施工・運転・維持管理できます。

凝集・沈澱・ろ過といった基本技術から、生物処理・活性炭処理・オゾン処理などの高度処理まで、浄水処理のあらゆる面において、豊富な経験と独自の技術を有しています。

M浄水場(7,500㎥/日、凝集・沈澱・砂ろ過)

M浄水場
(7,500m3/日、凝集・沈澱・砂ろ過)

T水道事業団(14,700㎥/日、凝集・沈澱・砂ろ過・活性炭)

T水道事業団
(14,700m3/日、凝集・沈澱・砂ろ過・活性炭)

凝集剤、消毒剤、pH調整剤などの水処理薬品と注入設備を提供しています。

フロキュレータ

フロキュレータ

高性能傾斜板(スイオー ラビリンス)

高性能傾斜板
(スイオー ラビリンス)

汚泥掻寄機

汚泥掻寄機

空気洗浄式自然平衡形ろ過設備 (スイオー エアリートフィルタ)

空気洗浄式自然平衡形
ろ過設備 (スイオー エア
リートフィルタ)

薬品注入設備

薬品注入設備

多種多様な膜ろ過設備を手がけ、ノウハウを蓄積しています。

水道機工は1991 年より、数多くの膜ろ過設備を手がけてきました。東レグループとのシナジー効果により、MF、UF、NF、ROなどのあらゆる膜の運転制御方法について、国内トップクラスの技術力を持っています。

MF膜ろ過設備( 40,000㎥/日)

MF膜ろ過装置(40,000m3/日)

大孔径膜(MF)は低損失で運転が可能であり、H市大孔径膜ろ過設備(30,000㎥/日)では、約30kPaで運転しています。

大孔径膜(MF)は低損失で運転が可能であり、H市大孔径膜ろ過設備(30,000m3/日)では、約3kPaで運転しています。