English

海外事業

長年培った技術と経験を活かすために、積極的なグローバル展開を図っています。

水道機工の海外技術協力は、1959年の東パキスタン(現バングラデシュ)からはじまりました。
現在、ODAプロジェクトへの参画、サウジアラビアにおける合弁会社、ベトナム現地法人、そして現地企業への技術供与などを通じて、日本で培った高度な技術と豊富な経験を、世界中の人々の快適な生活環境づくりのために活用しています。

130を超える海外プロジェクトに参加

中国、ASEAN、アフリカなど約40ヵ国、130を超える海外プロジェクトに参画し、水処理設備・機器を納入してきました。

ODA実績

チュニジア:ベンゲルデン浄水場(1,791m3/日 2014年)
コンゴ:ンガリエマ浄水場(80,000m3/日 2012年)
ケニア:カプサベット浄水場(3,800m3/日 2010年)
エジプト:ギザ浄水場(37,700m3/日 1993年、2008年)

サウジアラビアとベトナムに関連会社を設立。また、技術供与を通じても、人々の生活環境の向上に寄与しています。

上水処理施設

サウジアラビア:ソジェコ海水淡水化施設
サウジアラビアでは、2007年に合弁会社SKME(SUIDO KIKO Middle East)を設立しました。SKMEが手がけたソジェコ海水淡水化施設は、RO膜を使用して10,000m3/日の飲用可能な淡水を生み出しました。
韓国:コンジュ浄水場
韓国のクモウ建設に膜処理技術を供与しました。韓国最大級の膜ろ過施設であるコンジュ浄水場で、30,000m3/日のUF膜ろ過設備が稼働しています。

写真提供:クモウ建設

ベトナム:ハノイ市
ベトナムでは、2014年に子会社SUIDO KIKO VIETNAM CO.,LTDを設立し、同国での水処理事業を開始しています。ハノイ市南部では地下水を原水とした小型浄水設備を設置しています。

下水処理施設

サウジアラビア:産業廃水処理施設
SKMEが手がけたジェッダの産業廃水処理施設は、50,000m3/日の処理能力を有しています。
サウジアラビア:汚水湖浄化プロジェクト
ジェッダの汚水湖浄化プロジェクトでは、MBRシステムと従来型の手法を併用し、60,000m3/日の処理を実現。浄化された水は、森林の育成に利用されています。このプロジェクトは「Global Water Awards 2011」を受賞しました。

コンテナ式MBR

トレーラーで移動させることが可能なコンテナ式のMBRシステムは、大規模建設現場の労働者宿舎などの下水処理に活躍しています。

CONTACT

サービスに関するお問い合わせ

ウェブフォームからのお問い合わせ

24時間受け付けております。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3426-2131(代)