English

ニュースリリース

高断熱ポリエチレンタンクの販売が好調

[2017/05/22]

●優れた断熱性が次亜塩素酸ナトリウムの塩素酸対策として好評
●高い耐久性が薬品貯蔵槽の震災対応・長寿命化対策としても好評
●発売開始から6年で販売実績は100台を突破

 当社が販売する『スイオー 高断熱ポリエチレンタンク』は、優れた断熱性や高い耐久性が評価され、多くの水道事業体で採用いただいています。
 本製品は、平成20年4月に塩素酸が水質基準値に追加(0.6mg/L)されたことを受け、次亜塩素酸ナトリウムの塩素酸抑制対策を目的に開発されました。次亜塩素酸ナトリウムの有効塩素濃度の低下や塩素酸抑制対策には、温度管理が非常に有効な対策です。本製品は、従来のポリエチレンタンクとは全く違う製法で製造されており、側壁が厚く、ポリエチレンが本来から持っている高い断熱性がより発揮されます。加えて、側壁内に中空層を設けることで断熱性はさらに高まります。
 タンクの側壁の厚みは自由に選択ができます。これにより補強枠が無くても、ポリエチレンだけで十分な耐震性を持たせることが可能です。耐薬品性については、浄水場で通常使用されているほぼ全ての薬品で使用が可能です。次亜塩素酸ナトリウムに限らず、PACや苛性ソーダ、硫酸などの貯蔵タンクとして使用が可能です。耐候性も高く、長寿命であるためライフサイクルコストの面からも非常にメリットのある製品です。
 このような特徴がお客様に評価いただいた結果、2011年の販売開始から6年で販売実績は100台を突破いたしました。
 当社は今後も製品やシステムの開発を通じて、お客様のニーズにお応えしてまいります。

CONTACT

サービスに関するお問い合わせ

ウェブフォームからのお問い合わせ

24時間受け付けております。

ウェブサイトからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3426-2131(代)