ニュースリリース

大任町汚泥再生処理センターが完成しました。

[2021年1月27日]

 2018年10月に着工した『大任町汚泥再生処理センター建設工事』が完成し、昨年12月24日に同センター内にて関係団体出席の中、プレオープン式典が開催されました。
 本施設は、福岡県田川郡8市町村のし尿や汚泥等を一括処理する施設で、1日の処理能力は390kL/日と、国内でも最大級の規模となります。
 本施設の建設にあたっては民間事業者が持つ技術力、ノウハウや創意工夫が活かせる設計・施工一括発注方式で発注されました。当社は有機性廃棄物を含めて処理工程の中で発生する汚泥を肥料へと再生処理する機能、ごみ焼却施設での助燃材として有効利用するなど、循環型社会の形成に資する施設として建設を行ってまいりました。
 本格稼働は本年4月を予定しています。
 当社では、水処理のパイオニアとして培ってきたノウハウにより、未来へ向けて、よりよい環境づくりに貢献していきます。

  町長から感謝状を授与される当社九州支店長        大任町汚泥再生処理センターの全景

大任町汚泥再生処理センターが完成しました。

大任町汚泥再生処理センターが完成しました。