ニュースリリース

デザイン・ビルド方式による宮崎市・下北方浄水場新系浄水施設整備事業が完成しました。

[2022年2月4日]

 2021年12月22日、下北方浄水場新系浄水施設整備事業の完成記念式典が開催されました。本事業は、当社を代表企業とする水道機工グループ(構成員:日本国土開発(株)、(株)戸敷開発、原田建設(株)、シンフォニアテクノロジー(株)、日本水工設計(株))が請負い、浄水能力60,000m3/日の浄水施設の更新・耐震化を行いました。
 発注にあたっては、凝集沈澱+急速ろ過方式の浄水場としては九州地方で初となる設計・施工一括方式(デザイン・ビルド方式)が採用され、民間企業の有する技術力やノウハウ、創意工夫を設計段階から反映し、より良い施設建設へとつなぐことを可能としました。
 当社はこれからも、パイオニア精神で、お客様やパートナーと感動を共有できるプロ集団を目指してまいります。

デザイン・ビルド方式による宮崎市・下北方浄水場新系浄水施設整備事業が完成しました。